SITトレーニングでバーピーは効果的な有酸素運動!?

時間がないからなかなか運動ができない人。短時間でできるなにかあると嬉しくないですか?

最近話題のSITトレーニングのバーピーは短時間でできてとても効果的な有酸素運動です。

運動している時間はわずか1分!インターバル含めれば4分と一日のうちで必ずとれる時間でできる運動です。

時間が無いからやらなかった運動をすることが自宅でもできるようになります。

SITトレーニングのバーピーは場所を取らない上に時間も短くできるのでなにか一つ取り入れたい人にピッタリの有酸素運動です。

SITトレーニングのバーピーとは?

バーピーは全身の有酸素運動を効果的にできるSITトレーニングです。

動きの一つ一つで使っている筋肉が違うので全身の有酸素運動をすることができます。

バーピーのやり方

バーピーのやり方は全部で5ステップでできます。

1.まずは足を肩幅くらい広げて立ちます。

2.しゃがんで手を床につけます。

3.足を後ろに伸ばします

4.足を元に戻してしゃがんでいる状態に戻ります。

5.そこからジャンプして着地したら終了です。

やり方はとても簡単ですよね。

この動きなら自分が横になったスペースがあればやることができるので、どんな場所でもバーピーをすることができます。

1回のバーピーを30秒やり終わったらその後休憩を3分取ります。休憩の間は呼吸を整えるようにしてください。

3分の休憩が終わったらもう一度バーピーを30秒行います。

これで一通り完了です。

やってみるとこれが結構きつい有酸素運動になります。それでも運動時間は全部で1分です。

単純に時間が無い人にはうってつけの運動になります。

SITって何?

バーピーのやり方はわかったのですが、そもそもSITとは何?と思っている人に簡単に紹介します。

SITとは「スプリント、インターバル、トレーニング」の略で全力運動と休憩を繰り返すトレーニングのことを言います。

「全力」で運動することで4分という短時間で45分もの有酸素運動をしたのと同じ効果が得られるのがメリット。

短い時間だけどしっかりと運動したことにできるんです。

アスリートが取り入れるトレーニング方法の一つなのでやる前はしっかりと準備運動とやった後のクールダウンはしっかりやることがおすすめです。

ちなみに「楽にできる」トレーニングではありませんので注意!

SITトレーニングは楽じゃない?

SITトレーニングは短時間でできるのですが楽ではありません。

アスリートが行うインターバルトレーニングになるのでかなりハードです。

やってみると1回終わっただけでも運動していない人だと足が上がらなくなる可能性もあります。

そういった人は最後のジャンプをしないで立ち上がるだけにするなどちょっとした工夫は必要になります。

1回でゼーゼー言う人も出てくるでしょう。

それでも毎日自分のペースで行うことが重要です。

アスリート並にストイックにやる必要もありませんがハードなトレーニングということは覚えておいたほうが良いですね。

SITトレーニングのバーピーは週にどれくらいやる?

SITトレーニングのバーピーは週にどれくらいやるか調べてみたのですが多くて3回程度で良いそうです。

2日に1回やるだけでも効果がわかるトレーニングになります。

SITトレーニングを続けることで全身の有酸素運動はもちろんですが、全身の筋肉を鍛えることもできます。

体が強くなり疲れにくくなるのも実感できます。

追い込むトレーニングを目的としないなら毎日やるのがおすすめです。

有酸素運動をやることで集中力が上がるというのがわかっているのでウォーキングやダッシュなどできない場合はバーピーを取り入れるのがおすすめです。

目的に合わせて週にやる回数を決めて、何曜日と指定しておけば忘れずにできるようになります

SITトレーニングのバーピーで効率よく有酸素運動してみよう

SITトレーニングのバーピーは効率よく有酸素運動をすることができます。

最近動いていないという人もゆっくりで良いから初めて運動してみてはいかがでしょうか?

体を絞りたいとかの目的であれば食生活を見直したり、生活習慣の見直しも必要です。

正月太りがやばいと思ったら始める3つのこと

自分の目的をしっかり作ってから取り組むと達成感も味わうことができますね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする