ナップナップの抱っこ紐は新生児から使える!?使いやすい抱っこ紐の3つのヒミツ!

ママのお助けアイテム抱っこ紐。赤ちゃんをあやしたり一緒にお出かけしするには必須ですね!

何を使っていいかわからない。普通のは高いからお得で使いやすいのがほしい。そんな人にオススメのナップナップ抱っこ紐!

使いやすいと話題になっていますが実際どうなのか調べてみました。ナップナップが人気なのにはこんな理由がありました!

→【napnap 抱っこひも】口コミでわかる人気のヒミツ!詳細はこちら!

ナップナップの抱っこ紐は新生児から!長く使えるからコスパがいい!

普通の抱っこ紐は新生児に使うことができないのですがナップナップの抱っこ紐は新生児から使うことができる新生児パッドがあれば生後10日から4ヶ月程度の首がすわるまででも抱っこ紐を使うことができるようになります。

あまり出かけることも多くないかもしれませんが赤ちゃんと一緒にいろんなところにいきたい、一緒にお出かけをしなくてはならないときは安心して使うことができるのでママも助かりますね。

特徴としては赤ちゃんにも嬉しい素材で綿100%を使っていること。フィットベルトが付いているのでまだ首がすわっていない赤ちゃんもしっかりと支えることができます。

使い方も簡単で抱っこ紐の上に新生児パッドを広げて固定ベルトを抱っこ紐の肩ベルト外側を通してボタンを止めるだけ。

後は赤ちゃんを乗せてお尻ぶぶんのボタンをつければ完了です。

これで赤ちゃんと一緒にお出かけをすることができるので安心ですね。

抱っこ紐をつけるときは腰ベルトを巻いてから横になってる赤ちゃんにかぶさる感じで肩ベルトを通して調節します。

最後に抱き上げて赤ちゃんと自分の間に手のひら1枚分スペースがある感じに肩紐を調節します。

普通に抱っこして連れて行ってもいいのですが手は塞がるから自由に動くことができません。

自由に手も使えるし抱っこしていて目も届くので安心ですね!

あまり外出はしないかもしれませんがする時は無理のないように使ってあげてください。

抱っこ紐の種類が豊富でオシャレも楽しめる!

抱っこ紐を色々見ていると結構地味なものが多かったりするのでなかなかオシャレができません。

ナップナップの抱っこ紐は種類も豊富でオシャレなものもたくさんあります。

・シンプルなBASIC

ナップナップの代表的な抱っこ紐です。しっかりとした作りに多機能なのでかなりコスパもいいと評判が良いです!

色は全部で6種類あります。

・カフェベージュ
・グレー
・フレンチラベンダー
・ネイビー
・ライトキャメル
・カーキオリーブ

シンプルですが色が豊富でさりげないオシャレを楽しむことができます。

・UKIUKIシリーズ

ナップナップのUKIUKIシリーズはデザインが可愛いものが多くつけてお出かけしたくなっちゃう抱っこ紐です。

カラーも6種類から選ぶことができるのでお気に入りの抱っこ紐を見つけることができます。

・デニム
・パッチワーク
・アンティークドット
・ブラックウォッチ
・レモンツリー
・シェル

ネット投票で上位6つに選ばれたデザインだからとてもオシャレ!

人とちょっと違うデザインを使いたいと言うならこれがオススメです。

・ナップナップCOMPACT

名前の通りコンパクトに収納ができて持ち運びができる抱っこ紐です。

縦15cm、横25cm、厚み9cmとかなりコンパクトに収納ができるのでどこにでも気軽に持ち運びをすることができます。

重さも420gとペットボトルより軽いからいざ持っていればという時に大活躍!

ちょっと大きくなっても疲れてくると抱っこしてほしいという子供のお願いも聞いてあげることができます!

昔は軽かったのに今は辛い!なんてときもこのコンパクトがあればママもパパも安心してお出かけを楽しむことができます。

ベビーカーにも積んでおけるしちょっと大きめのバッグ、リュックに入れておければかなり便利です!

色は6種類から選ぶことができます。

・ブラック
・グレー
・ネイビー
・スタンプ
・オレンジ
・ブルーチョコ

コンパクトは汚れがつきにくいよ撥水加工がされています。洗濯しても乾きやすい素材だから清潔に使うことができるようになっています。

・パパ専抱っこ紐「デジカモ」

子育てはパパも参加してもらいたいものですがなかなかやってくれる機会が少ない。

普段使いがママ用ならどちらかと言えば柄もママ好みの物が多いので男性が持つとなるとちょっと・・・ってなることもあります。

でもナップナップのデジカモはデジタルカモフラージュ柄だからパパも進んで抱っこしたくなる抱っこ紐!

抱っこしてもらえるだけでもママは楽だし、買い物も自由にすることができます!

パパもできるんだよってアピールできるからママもパパも嬉しい抱っこ紐です。

撥水加工で汚れにくくてワッペンが付いているから可愛さもあります!

二人で使う用としてもオススメです!

ナップナップ抱っこ紐の3つのヒミツ!使い方は?

オシャレで可愛い抱っこ紐のナップナップ。

ナップナップが人気なのは3つのヒミツがあるからです。

1つ目は日本人向けのサイズで作られているということです。

欧米規格の抱っこ紐だと赤ちゃんの股関節を開きすぎてしまうことが心配というママもいます。

ナップナップでは日本人の骨格に合わせて作られていおるので赤ちゃんも快適に抱っこされることができます。

また、使う人のことも考えて身長は148センチから198センチを想定してウエストサイズは61~125センチまで対応しているので小柄な人から大柄な人まで使うことができるようになっています。

2つ目は抱っこ紐自体に収納がたくさん出来ることです。

抱っこ紐を使いつつバッグ持つのも良いかもしれませんがそれだと荷物になって大変です。

リュック背負って抱っこ紐なんてできますがあまりやりたくありません。

どうせなら持ち物は少ないほうが嬉しいです。

ナップナップの抱っこ紐なら大容量の収納が付いていてスマホやお財布、ティッシュやタオル、鍵など入れられるようになっています。

ちょっとした買い物なら抱っこ紐だけでも荷物を済ますことができるから面倒なバッグ持ったりしなくて良いんです。

洗濯できるからいつでもキレイ

毎日使うものだし赤ちゃんに使うものだから清潔に使うようにしたいですね。

抱っこ紐で抱っこしているとよだれがついたり汗かいたりでキレイにする頻度は高いです。

ナップナップの抱っこ紐はその点安心です。

洗濯が出来るから3日に1回とか決めて洗濯さえできればキレイな状態で使うことができます。

乾きやすい素材で作られているから夜のうちに洗濯して昼間使うなら使えます。

また、予備があればなお安心でメインで使う用とサブで使う用と分けておけば洗濯して乾いていなくても安心して使うことができますね!

赤ちゃんは汗っかきだから汗で汚れる心配もあるけどメッシュ構造でできているので通気性が良いからその心配も少ないです。

問題はよだれですがよだれパッドがあったりするし洗濯してキレイにできるから安心です。

よだれも放置しておくとシミになるしニオイも気になります。

丸洗いで洗濯できるのは使う方としては安心して使えるから嬉しいですね。

ナップナップ抱っこ紐は店舗・楽天どこ購入できる?

ナップナップがほしいけどお得に買いたい人に朗報のオススメ店舗、通販情報をお届けします。

・店舗だとどこで購入できる?

実際の店舗で取扱があるのは「バースデイ」です。

全国のバースデイで購入ができます。近くにあるようなら実際に見て確認ができるからどんなものか確認してみてください。

店舗においてあるのはBASICシリーズのみでオシャレなUKIUKIシリーズやCOMPACTは置いてません。

とは言え実際に見れるから触ってみて選びたい人はバースデイに行ってみてくださいね。

・楽天で購入できる?

楽天でナップナップと調べると様々な取扱店舗がありますがナップナップの直営店もありそこで購入が安心です。

価格はほしい抱っこ紐によりけりですがBASICと新生児パッドのセットで10,760円で送料無料で購入ができます。

これから赤ちゃんト一緒にお出かけしたい人やまだ小さいけど抱っこ紐があれば便利って考えている人はセットがオススメです。

他のシリーズ、UKIUKIやCOMPACTも購入出来るので自分のお気に入りを探してみてはいかがでしょうか?

・ナップナップは公式サイトもある

バースデイ、楽天以外でもナップナップでは公式サイトで通販することができます。

公式サイトもスタンダードなBASICと新生児パッドのセットで10,760円で送料無料。

単品でBASICシリーズなら9,050円で送料無料。

この価格で高品質だからこそコスパが良いということで人気なんですね。

単品で別々で購入するより早い段階で抱っこ紐を購入するならセットがオススメです。

ちなみに公式サイトでは無料会員登録をすることがでいます。。

会員登録でセール情報のメルマガをもらうことができるからオススメです。

ちょっとでもお得に使いたい、そんな人は会員登録してセールに購入するのも1つの方法ですね。

また、ベルメゾンと共同開発している「マミィラク」を購入できるのも公式サイトならではの良さですね!

他にもバッグ、よだれカバー、保温例材、非接触体温計、マザーズバッグ、ベビーキャリー防寒グッズ、消耗品も選べるので覗いてみてください。

→【napnap 抱っこひも】公式オンラインショップはこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする